妊娠高血圧症候群とは?

妊娠中に高血圧になった場合、妊娠高血圧症候群と呼びます。
また、妊娠前から高血圧を持病として持っている方、
または妊娠20週までに高血圧を認める場合、高血圧合併妊娠と言います。
妊娠高血圧症候群は主に以下の4つに分類されます。

妊娠高血圧症候群の分類

妊娠高血圧症候群は主に以下の4つに分類されます。

① 妊娠高血圧腎症:
preeclampsia(PE)

1) 妊娠20週以降に初めて高血圧と蛋白尿を認める状態です。分娩後12週を経過するまでに正常になる場合。
2) 妊娠20週以降に初めて発症した高血圧に蛋白尿を認めなくても、(1)基礎疾患の無い肝腎機能障害、(2)腎障害、(3)脳卒中・神経障害、(4)血液凝固障害、(5)子宮胎盤機能不全(胎児発育不全FGR/臍帯動脈血流波形異常/死産)のいずれかを伴う場合で、分娩後12週を経過するまでに正常になる場合。

② 妊娠高血圧:
gestational hypertension(GH)

妊娠20週以降に初めて高血圧を発症、分娩後12週を経過するまでに正常になる、かつ妊娠高血圧腎症の定義に当てはまらないものを言います。

③ 加重型妊娠高血圧腎症:
superimposed preeclampsia(SPE)

1) 高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に蛋白尿もしくは基礎疾患の無い肝腎機能障害、脳卒中・神経障害、血液凝固障害のいずれかを伴う場合。
2) 高血圧と蛋白尿が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降にいずれかまたは両症状が増悪する場合。
3) 蛋白尿のみを呈する腎疾患が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に高血圧が発症する場合。
4) 高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に子宮胎盤機能不全を伴う場合。

④ 高血圧合併妊娠:
chronic hypertension(CH)

高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、加重型妊娠高血圧腎症を発症していない場合。

妊娠高血圧症候群は妊婦さんの約5%に起こります。
早発型と呼ばれる妊娠34週未満で発症した場合、重症化しやすく注意が必要です。
重症化すると、お母さん、赤ちゃんに以下のような合併症が起こる可能性があります。

お母さん
脳出血、子癇(しかん:妊婦特有のけいれん発作)、
臓器障害(肝機能障害や腎機能障害など)
赤ちゃん
胎児発育不全(発育が悪くなり、未熟児として出産する可能性が高まります)、常位胎盤早期剥離(胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなる状態)、胎児機能不全(赤ちゃんの状態が悪くなる状態)、場合によっては突然の胎児死亡

妊娠高血圧症候群を放置すると、母子ともに命に関わる大変危険な状態になることがあるために、
妊娠高血圧症候群ではお母さんと赤ちゃん共に大変危険な状態となることがあります。

妊娠高血圧症候群リスクの
高い妊婦は?

一般的に、母体年齢が40 歳以上、糖尿病合併妊娠、高血圧合併妊娠、腎疾患合併妊娠、甲状腺疾患の既往,多胎妊娠です。日本独自のリスク因子としては、母体年齢が35~39 歳,初産婦,喫煙,女児妊娠が挙げられます。

参考文献:塩﨑有宏, 齋藤 滋. 妊娠高血圧症候群のリスク因子. 医学のあゆみ Volume 250, Issue 8, 541 – 545 (2014)

治療法

妊娠高血圧症候群と診断された場合、安静と入院が基本です。子癇の予防や重度な高血圧の治療のためにお薬を使用することはあっても、根本的な治療法は知られておりません。
最新の産科ガイドラインで、妊娠高血圧腎症を発症した女性に対して、再発予防目的で次回妊娠時に低容量アスピリン服用を考慮することが示されておりますが、アスピリンの使用について、日本では使用制限があり、適用外使用になるため、安易には使用できないのが現状です。

参考URL:http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=6
参考文献:産婦人科診療ガイドライン2020産科編. CQ209-2.

予防法としての
Preeclampsia screening
(妊娠高血圧腎症スクリーニング)

NAKAEでは今まで検査項目としてどの検査会社も行っていなかった、妊娠高血圧腎症スクリーニングの検査実施およびリスクの有無を情報提供できるようなシステムを構築しました。

1) N O’Gorman, D Wright, L C Poon, D L Rolnik, A Syngelaki, M de Alvarado, I F Carbone, V Dutemeyer, M Fiolna, A Frick, N Karagiotis, S Mastrodima, C de Paco Matallana, G Papaioannou, A Pazos, W Plasencia, K H Nicolaides. Multicenter Screening for Pre-Eclampsia by Maternal Factors and Biomarkers at 11-13 Weeks’ Gestation: Comparison With NICE Guidelines and ACOG Recommendations. Ultrasound Obstet Gynecol. 2017 Jun;49(6):756-760.
2)Gallo DM, Wright D, Casanova C, Campanero M, Nicolaides KH. Competing risks model in screening for preeclampsia by maternal factors and biomarkers at 19–24 weeks’ gestation. Am J Obstet Gynecol 2016; 214: 619-e1.

*妊娠高血圧腎症スクリーニング:cut off率は1/100として算出
*妊娠高血圧腎症スクリーニングの検出率および偽陽性率は妊娠32週未満の妊娠高血圧腎症発症についてFMF(Fetal Medicine Foundation)方式で検討したもの
*超音波マーカー検査のcut off値は1/200として設定

妊婦さんと将来のご両親向け

妊娠高血圧腎症スクリーニングに
ついてのアニメーション

PAGE TOP